上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさん、お元気ですか。

暑かったり、寒かったりで、体調管理がむずかしい季節ですね。

先日、福島の矢祭り園芸さんにお邪魔してきました。

仕事を終えて行ったので、訪れた時刻は夕方の五時。

長居をしても迷惑になるので、早々に帰ろうとしていたのですが、

鮎を焼くから、待っててと言われて。

鮎?

どこで?

と、思っていたら、手作り感満載の大きな可動式の囲炉裏がでてきて、

炭をストローでふうふうして火を点け出しました。

あっという間に鮎焼きの準備が整い、テーブルにはビールが並んでいます。

なんだかよくわからないままに、矢祭り園芸さんと親しくしている方々との

鮎焼き会に飛び入り参加になりました。

鮎といわなの塩焼きを食べましたが、ほんとうに美味で、とくに岩魚は

たんぱくな味ながら噛むたびに旨みが増して、驚きました。

矢祭り園芸さんの社長さんは話題が豊富で、色々と話しをしてくれました。

話しのなかで、福島弁のかわいらしい話しかたで、みんなでフロリアードに

行こうよ、と言っていました。

フロリアードはオランダで開催なのですが、まるで新潟か、山形に行くといく

感じで話していて、・・・あまりのワールド感覚でビックリです。

矢祭り園芸さんは社長さんも奥さんも息子さんも、人間味あるステキな方々で、

いつも行って良かったなと、思わせてくれます。

岩魚おいしかったです。

やっぱり福島県人は味のあるいい人が多いです。

次は八月ごろ伺う予定です。

楽しみだー。

CIMG2537.jpg
あれよあれよと炭が起こされ一般家庭にはないと思われた囲炉裏。
鮎がたくさん焼けます。
鮎の後ろに少し写っているのが矢祭り園芸の社長さんの金澤さんです。
今回は控えめにさせていただきました。
CIMG2541.jpg
そして宴会は続き、田舎の美しい夜は更けていきます。
栃木に帰り着いたのは夜中の零時でした。
園芸屋の夜遊びは体力が必要です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。