上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさん、お元気ですか。

海老原園芸「東北応援ツアー」二日目に入ります。

一日目に宿泊したひげの家さんにお願いして、おにぎり弁当を
作ってもらい、宮城県多賀城市に向かいました。
カーナビを使いましたが、仙台港北と仙台空港を間違えて設定し、
気がついた時にはテレビで見た光景が広がっていました。
ラジオを聴きながら、普段通りに運転していて、ブルーシートを
被った屋根はうちの近所と何ら変わりは無く、違和感はありませんでした。
橋を超えたところで異変に気づきました。
陸でありながら船があり、言葉もでません。
自衛隊の方が徒歩で確認作業しているのも見えました。
その場所は若林地区でした。
津波の爪あとをありありと見せ付けられ、言葉にもならず、ましてや
写真など撮れるはずはありません。
間違っていたんだ、とすぐに高速を降り、カーナビを確認して多賀城市に
設定しなおしました。
はやく大江君のお手伝いしをなくては、と運転も荒れました。
大江バラ園芸に到着後、着替えを進められましたが、服装は万全です。
あとは長靴を履いて、手袋をはめるだけ。
すぐに作業に取り掛かりました。
津波で海水に浸かって枯れた親苗を切り出し、生きている苗で埋めていきます。
切り花、鉢花と形態は変わっても、お互いプロです。
ポイントさえ教えてもらえれば、園芸仕事は一般のボランティアの
三倍できます。
もくもくと働き、何とかお手伝いが形になる事ができました。
時間があれば、元通りになるくらい滞在したいのですが、残念です。
最後に、津波で流れついた巨大タンクの前で写真を撮りました。
近所から流れてきたものですが、10トン級のタンクです。
貰おうと思っていたんだと、大江は笑っていましたが、笑えないです。
だって、すぐそばにはガスタンクのコンビナートがあったのですから。
コンビナートの連続爆発はさぞ怖かったでしょう。
お手伝い少なくてごめんね。
また行くよ。
次は牛タンだよ。
でも焼いてね。

CIMG2490.jpg

CIMG2489.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。