上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
寒い日が続いています。

みなさん讃岐うどんは好きですか。

近頃は映画にもなり、メジャーな存在となりました。

白くて角があり、つるりとしながらもコシが強く、いりこ出汁と

うまく絡み合えば、絶妙なあの味。

簡素なメニューのようで、手がかかり奥が深く、その世界はまるで

小宇宙のようです。

簡単に言うと、うどん大好き、と言うことなのですが。

昨日は久しぶりに宇都宮に行く機会があったのですが、通りがかかりに

讃岐うどんの看板を見つけてしまい、ふらりと入ってしまいました。

うどん屋とは思えない重厚なドアを開けると、ナチュラルで素朴な

店内がありました。

香川でうどん修行されたご主人と、香川から嫁いで来られた奥様のお店です。

市役所の隣にあるので、お客さんは職員の方が多いようでした。

あまりに空腹だったので、大盛り(二玉)ぶっかけうどんを注文しました。

食べてみると、香川の宮武やあたり屋を彷彿させます。

最近では栃木でも讃岐うどん修行された店が増えましたが、近所には

まだありません。

近所にも欲しいところですが、本場讃岐に勝るものはありませんね。

四国にうどん遍路行ける様、明日からもがんばります。

CIMG2181.jpg

CIMG2179.jpg
うどん屋さんとは思えない重厚なドア

CIMG2174.jpg
うどんにつく小鉢
CIMG2178.jpg
本場とはまた違う感じのおしゃれ感のあるうどん
CIMG2177.jpg
二玉はさすがのボリュームで食べ応えあり
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。